絞って狙ったの






2017年07月17日(Mon)
絞って狙ったの
難易度が高いと言える。その意味では立体パズルを倒壊させずに解体すると言った方が正しいかも知れぬな」
 なるほど、確かにそれは大変そうだ。難儀な事なのは解った。とは言え、納得はいかない。なぜならそれは事前に解っていたはずの事だからだ。初めから無理だと解っていたのなら、たまもは何故ゆえ見返りを要求したのか。しかも前払いのような形で。出来ないと解っていながら報酬だけ支払わせようとするのは詐欺にも等しい行為である。そんな事をされて納得など出来ようはずがないからな。
 そうした不服の思いもあってか、俺は少しばかり意地悪く、「さしもの白面金毛九尾もお手上げってわけですね」と落胆の声を上げた改善失眠
 するとたまもが唐突にドスの利いた声で「あ゛ん゛だって?」と俺を睨みつけてきた。
 突然の変貌と背筋が凍るような迫力に俺は思わず身をそらしてしまう。
「勘違いするな! 確かにどうにも出来んとは言ったが、それはお主の余命が三日程という時間制限があるからじゃ! 別に解けぬとは言っとらんわ!」
 テーブル越しに身を乗り出したたまもが俺の鼻先に細い人差し指を向けながら、今にも突付かんとばかりに迫ってくる。流石は白面金毛九尾と言うべきか、可憐な少女姿とは思えぬ程その威圧は凄まじく、俺は即座に両手の平を向けて降伏のポーズをとるしかなかった。
 更にたまもはまくし立てる。
「よいか!? 妾程の妖になれば、その程度の呪いなんぞ5日も有れば余裕で解析から解除まで終わらせられるんじゃからな!! 解ったか!!!」
 どうやら、俺の軽はずみな言動が大妖怪としてのプライドに傷をつけてしまった様子である。俺は困惑と後悔の味を噛み締めながら力無く「はい」と答えた微量元素
 ともあれ、そういった時間制限を設ける事で解除無効化を避けようとしている、と考えるならば、それは最早解けないと同義ではなかろうか。たまもの主張には些か疑問が湧く。
「阿呆! お主の余命が短いのは、呪いの所為と言うよりはお主自身の霊力(力)の強大さ故じゃ。だから、断じて妾がその呪いに対し遅れを取っているというわけではないのじゃ」
 俺はまたもや言動を誤ってしまったらしい。たまもから発せられる言い知れぬ重苦しい空気に気圧されそうになる。
 そんな折、躍起になるたまもの言葉でふと気になる箇所があったので、俺はそれを恐る恐る訊き返した。
「俺の霊力(力)の強大さ故?」
 だいぶ気が立っていたようで、たまもはすぐには答えなかった。だが、流石は見た目少女でも年長で大人な白面金毛九尾というべきだろうか、ガブリとグラスの水を飲み干すと何事も無かったかのように元の口調で語り出した精子健康
「お主のその呪いじゃが、実は少々変わっていてな。その動力源にお主自身の霊力(力)を使っているようなのじゃ」
「それが俺の余命にどう関係しているんです?」
 話の見えない俺が更に訊ねると、
「本来、霊力というのは呪いなどの怪奇障害に対して、抵抗力として働くものなのじゃ。無論完璧に防げるものでは無いが、それでも霊力が高ければ高い程、そうした障害に対する耐性が強い事に代わりはない。つまり本来ならばお主のように霊力の高い者は時間的猶予がもっとあって然るべきなのじゃ。じゃが、その呪いは本来抵抗力となる筈のお主の霊力を逆に利用して効力を増しておる。故に霊力が強ければ強い程供給されるエネルギーが多くなってしまう為、本来とは逆の効果を発揮してしまっておるのじゃよ。おまけに本来抵抗力に割り当てられるはずの霊力が呪いに吸われる分少なくなるわけじゃから、更にその効果は著明。故に呪いの強力化と抵抗力の低下というダブル効果でお主の余命は極端に短くなっとるというわけじゃよ」
 なるほど、俺は小さく頷いた。要するに霊力が強い者ぼど呪いが強力になり、死ぬのもまた早くなると言うわけか。まさに一石二鳥って感じだ。なんて洗礼された恐ろしい呪いなのだろう。あの一つ目妖怪の野郎はあんな知能低そうな形をしていた割に、呪いに相当精通した頭の切れる奴だったというわけだ。
「いや、そうとも限らんのじゃ……」
 得心する俺にたまもは渋い顔で異議を唱えると、どっかりと椅子の背に凭れかかった。
「実はこの呪い、複雑な術式プログラムを組み込み高度化している割に殺傷能力自体は然程でもないのじゃ。それにこれだけ複雑な構造の呪いとなると初期起動はもちろん発動を維持するだけでも相当量のエネルギーが必要になる。相手の霊力にそれら全てを依存するというのは余りにも無謀なんじゃよ。何せ皆が皆、強力な霊力を持っているとは限らん。はっきり言ってここまで複雑だと、少し霊感が強い程度では発動に漕ぎ着けんし、発動したとしても相手が並みの霊媒師レベルでは殺害に至るまでの効果は得られんじゃろう。つまり手間のわりに高確率で不発に終わってしまうっちゅう代物じゃ。こんな欠陥品とも言える非効率的な術式をわざわざ呪術精通者が好き好んで使うとも思えんのじゃよ」
「なるほど」と俺はとりあえず相槌を打つ。
「まあ無論、特定の状況やターゲットをだとすればそれも有りなのじゃが……お主の話を聞く限りでは、どう考えても突発的な遭遇にしか思えんし……ならば殊更こんな使い勝手の悪い呪いなど使わんじゃろうて。じゃがな……」
 たまもは指し手に困った棋士のように腕組みをして、怪訝そうに顔を曇らせていた。
「一つ目妖怪(アイツ)が単に馬鹿で間抜けな妖怪だっただけじゃないですか?」
 俺が問うと、たまもはじっとりとした視線をこちらへ向け、テストで難問に遭遇した学生のような顔をする。
「それはそれで腑に落ちぬのよ。さっき言った通りその呪い、構造的にはかなり複雑で高度な部類の代物じゃ。そんなものを扱う輩がそんな馬鹿では余計辻褄が合わんと思わぬか?」
「なら、一つ目妖怪(アイツ)はやっぱり凄い妖怪で、俺の霊力の強さを見据えてこの呪いを選んだって事なんじゃ……」
 そんな消去法で結論じみた俺の意見もたまもは「それは無いと」断じるように否定する。
「お主の霊力値の高さを容易に見抜ける程の者ならば、先ずこの手の呪いは使わぬからじゃ」
 ありゃと思い、俺は小首を傾げた。
「意味が解りませんよ。霊力高い奴程ダメージデカくなる呪いでしょ。俺なら真っ先に選択(セレクト)しますよ」
「阿呆じゃなお主は……」
 たまもは呆れるようにそう漏らすと、


   


moonskyの自由文言1


新着トラックバック/コメント

moonskyの自由文言2

カレンダ
2017年7月
           
17
         

アーカイブ
2012年 (2)
4月 (2)
2014年 (10)
1月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)
2015年 (4)
3月 (2)
12月 (2)
2017年 (41)
4月 (1)
5月 (7)
6月 (4)
7月 (8)
8月 (8)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:15
昨日:12
累計:116,838